製品案内 [上水道施設〔フジスレッドC〕]|東北藤吉工業株式会社
  • ホーム
  • 会社案内
  • 事業内容
  • 製品案内
  • 施工実績
製品案内
製品案内
施工実績
事業所一覧
交通アクセス

スレッド式ろ過装置「MTG機」の6大特徴

~地下水、湧水のクリプトスポリジウム除去に最適です~

BOD型フローシート

BOD型フローシート

クリプトスポリジウム除去の決定版!

原虫(5μm・8μm)は、次亜塩素酸ソーダによっても不活化しないため、ろ過装置による除去対策が必要です。一度感染事故が発生すれば、飲料水の確保だけでなく、病院、飲食店、公共機関、また、観光地であれば宿泊客やホテルにも影響を与え、人命に関わる重大事態にもつながります。
これまでの対策としては、膜ろ過がベストとされてきましたが、コスト面、運用面に課題もあります。
スレッド式ろ過装置は、そのような課題を克服し、砂ろ過と大孔径膜の長所を取り入れた新しい発想のクリプトスポリジウム除去専用の『水道用浄水装置』です。

英国では、上水道検査機関WRcがスレッド式ろ過装置をクリプトスポリジウム対策装置として認定し、既に上水道などで80台以上が設置されています。
スレッド式はクリプトスポリジウム除去専用ろ過装置であり、濁度除去は目的としていません。
適用する原水はクリプト汚染の恐れのある清澄な湧水・地下水など、原水濁度が0.1度以下で除濁の必要がなく一般細菌・大腸菌以外は水質基準を満たしている必要があります。

スレッド式ろ過装置「MTG機」のしくみ

BOD型フローシート

スレッド式ろ過装置仕様

項目/形式 MTG MT44P
最大流束(m³/m²・日) 135 135
最大処理流量(m³/日) 3,800 900
ろ過精度(ミクロン) 3
標準原水濁度(度) 0,1
クリプト除去率 99.9% ※注1
回収率(洗浄1回/日) 99.5%以上
洗浄排水量(回当りm³) 3~5 0.7~0.8
洗浄ロジック 差圧タイマー
運転圧力(MPa) 0.04~0.1
洗浄時間(回当り) 約12分
カセットパック数 4 1
最大耐圧(MPa) 1 1
初期圧力損失(MPa) 0.02 0.02
接続(JISフランジ) 200A 100A
運転時重(kg) 3,000 1,050

注1 カセットによる擬似スクリプトの除去
※MTG-JWの出入配管は全て上部からの給水管になります

スレッド式ろ過装置「MTG機」運転解説

原水は①入口からフィルターボディー内に入り、②カセット外側から内側にろ過されます。ろ過された水はカセットが取付けられている③コレクターパイプに集まり④出口に流れます。
微粒子はカセットの⑤スレッド表面・スレッド内部において捕捉され、事前に設定された差圧もしくはタイマーに達すると、⑥制御盤の指示により洗浄が開始されます。
洗浄は、⑦入口バルブ・⑧出口バルブが閉じ、⑨排水バルブが開きます。
⑩洗浄水供給バルブが開きます。次に⑪ブースターポンプは高圧水(約0.8~0.9MPa)を⑫シャトルパイプおよびパイプに直結されている⑬洗浄ノズルに供給し、ノズルから噴出します。
高圧のジェット水流によりスレッド表面と内部の微粒子を除去します。水流の一部はスレッド内部を貫通し、カセットの⑭プラスチックサポート部(糸巻きの基底部)にぶつかりはね返ります。
はね返った水流はスレッド表面および内部に積層した不純物を確実に除去し、汚れた洗浄水はフィルター底部へと流れ落ち、排水バルブより外部へ放出されます。
⑮メインピストンは洗浄ノズルを前後方向へ動かします。そして、カセットパックの両端にある⑯インデックスピストンはメインピストンのストローク終了ごとに1目盛だけ回転させて未洗浄のカセット面を洗浄位置にセットし、カセットパックが1回転すると洗浄工程は全て終了します。
洗浄工程終了後は排水バルブと洗浄水供給バルブが閉じ、ブースターポンプは停止し、入口・出口のバルブが開きます。そしてカセット洗浄に3分程度の捨て水をした後、フィルターは通常のろ過状態に戻ります。
ページの先頭へ戻る